メニュー

訴訟や民事裁判、慰謝料請求に
確実な証拠が必要な理由

営業時間中のみ受付となります

無料相談
お問合せ

問合せ

電話

訴訟や民事裁判、慰謝料請求のための証拠調査|探偵×興信所 R&I

HOME > 訴訟、裁判、慰謝料請求のための証拠調査

証拠調査に自信あり!探偵×興信所 R&I
裁判に勝つための言い逃れのできない証拠を!

民事/訴訟や裁判証拠、慰謝料請求の証拠が欲しい|探偵×興信所 R&I


民事裁判、訴訟、慰謝料請求のための証拠調査

裁判(特に民事裁判)の証拠は、当事者側(原告)がそろえなくてはなりません。

以前にも増して、訴訟となる問題が法人・個人を問わず増えていますが、そのような時、確実な証拠や情報資料が無ければ、何も立証する事ができません。

つまり、裁判に勝つには、確信ではなく、確証(確たる証拠)が必要になります。

探偵×興信所 R&Iでは、

①ご依頼主や弁護士により指示を受け、

②こちらが有益な条件を提示し、有利に展開できるように、

③必要とされる依頼・要望に合わせた証拠や情報を収集し、

④困難と思われる事案のさまざまな実態の現況確認を行います。

※他の探偵社で証拠獲得のための調査を実施したものの、納得のいく結果が得られなかった方、決定的な証拠を得ることができなかった案件もR&Iにお任せ下さい。


探偵の報告書は裁判証拠になるのか?

民事訴訟・民事裁判、慰謝料請求のための証拠となる報告書


Q.探偵が作成した報告書は、 裁判の証拠として認められるのでしょうか?

A.十分な内容の報告書であれば、裁判でも証拠として認められます。

しかし、どこの探偵に依頼しても「裁判で証拠として認められる十分な報告書」が提出されるとは限りませんので、注意が必要です。


これまで、弊社の調査報告書は、多くの弁護士の方々に裁判資料として、

「分かりやすい」

「裁判に使いやすい」と評価していただいております。

内容に「不備」や「ミス」が無いので、相手側に「調査の不備を指摘される」ということがないため、安心して裁判の証拠としてご利用いただけます。


裁判で勝つための報告書を

民事訴訟・裁判、慰謝料請求に勝てる有利な言い逃れできない証拠


ご依頼主にとって調査を依頼する際には、それ相当な不安や疑惑を抱き、慎重に、迅速にトラブルを解決したい、と誰しも感じるものと理解しております。

報告書は、その疑惑を断定し、トラブルを解決するためのとても大切なものだと私たちは考えています。

しかしながら、これまでに他の探偵社で行った案件の再調査のために、ご依頼主から持参していただいた報告書や、裁判での傍聴などで他社が作成した粗雑な報告書をいくつも見てまいりました。


言い逃れされ放題、裁判でまともに使えない報告書の例

・書式違い、誤字脱字だらけ、日本語が間違っている

・客観的ではなく、主観的な見解が多い

・失尾した(見失った)のに、あたかも追いきったように捏造された報告書

・そもそもまともに調査してない

・肝心の裁判証拠となる写真や映像がない

・写真や映像は後姿ばかり、あるいはピンボケ、暗くて人物が分からない


民事訴訟・裁判、慰謝料請求に勝てる有利な証拠とは


残念なことに、「裁判に勝つため」どころか、簡単に言い逃れできてしまう、隙だらけの、本当にずさんなものばかりでした。

決して安いとはいえない費用をかけてまで調査をするということは、ご依頼主が真実を受け止め、報告書をもって相手方に、

「反省させ」

「謝罪させ」

「慰謝料をとる」

あるいは、

「今後の人生を考えていく」きっかけともなるのです。

裁判になると想定はしていなくとも、報告書は本来、最終的な段階「裁判を有利に進めることができる証拠となる」ということを踏まえて作成しなければなりません。

しかしながら、探偵社の技量、経験不足により、このような残念な状況になっております。


【参考情報】
絶対に調査を失敗したくない方へ|探偵/興信所選びを失敗した方の事例とリスク

こんなワードを使う探偵には要注意!|探偵/興信所を選ぶ時の具体的なポイント


悪行や裏切り、不正を繰り返す人間は、必ず言い逃れや言い訳をします。

弊社では、言い逃れできない証拠=ご依頼主が、「今後、有利になるために」「裁判に勝つための報告書」を作成いたします。


【参考情報】
素行調査で対象人物の情報を収集し、実態を明らかに!

尾行、張り込みによる行動調査で真実を!決定的な証拠をつかむ!

探偵×興信所 R&Iの証拠写真、ビデオ映像などの撮影

探偵×興信所 R&Iの報告書、経過報告について


調査で確証を入手したあとに注意すること

証拠調査で確証を入手したときに注意するポイント


「とにかくまずは冷静になること」

単純なことですが、これが民事訴訟や慰謝料の問題で最も重要なことです。

信頼していた人間の悪行や、裏切り、不正を目の当たりにし、不当な扱いや理不尽な言動にさらされた怒りの感情に振り回されてしまうかもしれません。

しかし、あまり感情的にならず、冷静さを保ってください。

怒りのあまり、逆上して暴力を振るってしまう、 せっかくの証拠を破損してしまうなど、 冷静さを失ってしまったばかりに誤った行動に出てしまうのは危険です。

怒りの感情にまかせ、相手に対して暴力や脅迫じみたことを行えば、場合によっては、

・違法行為、犯罪行為となり、

・慰謝料を請求するはずが逆に支払う羽目になったり、

・あるいは証拠を壊してしまうようなことになれば、泣き寝入りすることになってしまうかもしれません。

とにかく冷静になることを、常に意識して、事実を証明できるように証拠を確保しておくようにしましょう。

また、悪行や裏切り、不正行為の確信があっても、立証できる証拠がなければ、相手に言い逃れされてしまう可能性が高く、シラを切られてしまえばそれまでです。

今後、相手は警戒し、二度と証拠をつかませないように必死になるでしょう。

そうなると調査で証拠を押さえることはほぼ不可能になります。

まずは言い逃れできない証拠を押さえることが、問題解決への第1歩となります。


※探偵×興信所 R&Iが提供する証拠や調査報告書、各種鑑定書は、クオリティーの高い証拠、情報として、民事訴訟や裁判の証拠資料、慰謝料請求、損害賠償請求などにもご利用いただけます。

民事/訴訟や裁判、慰謝料請求に確実な証拠が欲しい|探偵/興信所R&I


事態は一刻を争う可能性も!今すぐ行動、ご相談ください!
時間が経過するほど、証拠は失われていきます。


【訴訟、裁判、慰謝料請求のための証拠調査】初回限定、無料券贈呈キャンペーン|探偵・興信所 R&I


R&I 選ばれる理由と5つの無料サービスの詳細を見る


民事訴訟、裁判、慰謝料請求のための証拠調査によってさまざまなトラブル・問題が解決できるよう、お手伝いをさせていただきます。


【民事訴訟、裁判、慰謝料請求のための証拠関連】あわせて読まれている記事

訴訟や裁判、慰謝料請求に勝つための言い逃れのできない証拠を!

弁護士事務所様、法曹界関係者様向けサービス案内

証拠となる写真、ビデオ映像など動画の撮影

探偵×興信所 R&Iの報告書、経過報告について

訴訟、裁判、慰謝料請求のための証拠調査の料金表と費用

取り扱いサービス一覧へ


裁判のための証拠調査|探偵無料相談|即日、緊急対応可能

・訴訟や裁判で有利な証拠が欲しいが、どこに依頼すればいいのかわからない
・民事訴訟を起こされたが、反証が必要
・裁判で勝つための報告書を作成してもらいたい
・できるだけ高額な慰謝料を請求したい
・言い逃れされない証拠が欲しい
・問題を早く解決したい
・できるだけ費用をおさえ、低料金で証拠収集の依頼をしたい
・とにかく話を聞いてほしい

もしもお悩みでしたら、探偵×興信所 R&Iの「裁判のための証拠調査/無料相談窓口」をご利用ください。

一緒に対策・解決方法を考え、疑問や不安にお答えいたします。

緊急・即日対応も可能です。
探偵、興信所への裁判証拠、反証の相談は、信頼と実績のR&Iまで!



探偵・興信所R&I所属:日本調査業協会
東京都調査業協会



弊社へのアクセス

〒141-0022
東京都品川区東五反田1-10-7
AIOS五反田ビル
JR五反田駅 徒歩3分
都営地下鉄浅草線 五反田駅 徒歩2分
0120-477-885

探偵×興信所
【裁判訴訟のための証拠調査】

お問合わせ


探偵×興信所
民事訴訟、裁判のための調査依頼、ご相談は R&Iまで

【東京本部】 東京都品川区
TEL:0120-477-885

【神奈川-横浜】
TEL:0120-923-180

【関西-大阪】
TEL:0120-923-158

【千葉】
TEL:0120-923-288

R&I 探偵×興信所への証拠調査・無料相談メール
E-mail:info@randi-supply.com

東京を拠点として、
さまざまな問題、トラブル解決!

民事訴訟、裁判、慰謝料請求や反証のための調査のご相談は無料です! ご連絡お待ちしております。

法曹界関係者、弁護士様向け

企業・法人様向け

東京都公安委員会 第30150018号
(社)日本調査業協会加盟員 第1503号
(社)東京都調査業協会加盟員 第025号
社団法人日本探偵興信所協会会員
東京商工会議所会員 C2362538

SECURITY ACTION制度